こんな症状がでたら糖尿病を疑う

糖尿病は、多くの日本人が悩まされている病気です。

隠れ糖尿病と呼ばれる方も含むと、どんな症状がこの病気で現れるのか把握しておくと良いですね。

糖尿病の代表的な症状としては、尿が普段より多くなったり、異常に喉がかわきやすくなるなどです。

個人差がありますが、普段あまり水分を取らなかった方が、急に2リットル以上のお水を飲むようになったらこの病気を疑った方が良いでしょう。

また、尿がやや白濁しているなどの特徴が見られます。

トイレに行った際に、健康チェックのためにも自分の尿を確認する習慣を持つことが大切です。

また、とくにダイエットや運動量が増えていないのに、急に体重が減るのも糖尿病の疑いがあります。

体重を、普段から測る習慣を身に付けておくとこの病気を発見をする目的以外にも、健康管理にも役立ちます。

朝起きてトイレを済ませたら、体重を測るようにしてはいかがでしょうか。

毎日の体重などの変化に気をつけるようにするのが大切です。

糖尿病の代表的な症状の一つは、食前や食後にひどく疲れたり脱力感を感じるようになる事です。

これは、低血糖や高血糖をおこしていることを示す症状です。

また、食後に仕事や勉強をしていても強烈な眠気を感じるようになる場合があります。

多少の眠気なら心配ありませんが、いつもと違う異常な眠気を頻繁に感じるなら糖尿病の症状を疑った方が良いでしょう。

意識をして眠らないようにしていても、つい居眠りをしてしまうなど思い当たる方は注意が注意が必要です。

これは、食後に高血糖をおこしている可能性が疑われるからです。

手足にしびれを感じたり、下腹部がかゆくなるのも糖尿病の症状の特徴になります。

この病気が、神経に影響を与える場合があるので、これらの異常を訴えって病院を訪れる方も多いです。

これらについては、このサイトが参考になります。

糖尿病の症状が気になったらここ

特に、この中でも特に手足の痺れを頻繁に感じる場合には、早めに病院で受診をするようにしましょう。